Grasshopper :: Icon作成

以前、C#でComponentを自作する際、IconをPhotoshopで作成する方法について触れましたが、

今回は、Photoshopいらずのお手軽なIconの作り方を紹介いたします。

 

Icon作成

今回Iconの作成はRhinoで行います。

使用するのは、Rhinoのツールバーのボタン新規作成時に使えるビットマップ作成機能です。

本来はツールバーのボタンをカスタマイズするための機能ですが、ビットマップのインポート、エクスポート機能があるため、Rhino内で簡単にIconを作成することができます。

 

使い方

1.新規ボタン作成画面を開く

まずは、ツールバーを右クリックして、[新規ボタン]を選択します。

 

次に、ボタンエディタ右上の正方形のボタンをクリックします。

 

2.Iconを描画

ビットマップの編集画面が出てくるので、画像のサイズを[16×16](推奨)に切り替えて、アイコンを描画します。

描画方法は、右側のツールバーの鉛筆や図形、塗りつぶしを使ってポチポチ入力していきます。

なお、メニューバーの[編集>アンチエイリアシング]にチェックが入っていると、アンチエイリアスがかかるので、くっきりとしたIconにしたい場合はチェックを外しておくと良いです。

 

3.Iconをエクスポート

Iconが描けたら、メニューバーの[ファイル>ビットマップをエクスポート]でPNG画像に出力できます。

 

4.Componentに適用

あとは、Visual StudioでIconの画像を設定して完了です。

ちなみに、推奨サイズは16×16ですが、それ以上大きいサイズを設定すると以下のようになります。

タブに表示されるIconは全て同じサイズになりますが、配置されたコンポーネントはIconのサイズがそのまま表示されるようです。

Input、Outputのパラメーターが一つだと、コンポーネントからはみ出してしまいますが、2つ以上あれば大丈夫そうですね。

 

終わりに

今回はIconの簡単な作成方法について紹介しました。

さすがに使い勝手は専用ソフトには敵いませんが、Photoshop等がなかったり、簡易的にサクッと作りたい場合などには有効ではないでしょうか。

ぜひお試しください。

 

コメントを残す