Grasshopper :: ComponentをCreate (Part3)

前回で、とりあえずコンポーネントが作成できました。

Part3では、コンポーネントのアイコン作成&追加方法を行います。

Part3:アイコン作成

アイコンはコンポーネントの視認性を高める上で重要になるため、できるだけアイコンもちゃんと追加した方が良いかと思います。

ここでは、アイコン作成のざっくりとした手順と、Visual Studioでのアイコンの追加の手順を紹介します。

 

アイコン作成

アイコンはPhotoshopで作成しました。

Grasshopperのアイコンのサイズは、24×24pixelと決まっているようなので、

Photoshopでカンバスサイズを24×24pixelに設定します。

 

あとは、色を変えながら鉛筆ツールでポチポチやると、簡単に作成できます。

ファイル形式はPNGで保存し、[ドキュメント>Visual Studio2015>Projects>コンポーネント名>コンポーネント名>Resources]に格納してください。

Resourcesフォルダが無い場合は、作成します。

アイコン追加

アイコンができたら、Visual Studioに戻ってアイコンを追加します。

まずは、画面右側の[Properties]をダブルクリックします。

 

[リソース]を選択して、画面中央をクリックします。

 

[リソースの追加>既存のファイルの追加]を選択し、

 

先ほど格納した[Resources]内のPNGファイルを選択します。

 

あとは、C#のコードを追記します。

アイコンの設定は、前回書いたSolveInstance(IGH_DataAccess DA)メソッドの下にある、System.Drawing.Bitmap Iconメソッド内で行います。

 

下図のようにnullを削除してリソースに置き換えます。

 

これで再度ビルドすると、

この通り、アイコンを追加できました!これでコンポーネント完成です!!

 

終わりに

コンポーネント作成の一連の流れを3回に渡って紹介しました。

簡単なコンポーネントであれば、すぐに作れそうですね!

ちなみに、ここで作ったコンポーネントは、以前紹介した[C# Script]と同様に、入力側の[Key]からソートのタイプを指定しています。

【参考:任意のCoordinateでSort Points】

これでは[C# Script]コンポーネントとなんら変わりがありません。

そこで、せっかくわざわざコンポーネントを作っているわけですから、次回はコンポーネントを右クリックして出てくるメニューからソートタイプを選べるように作り変えたいと思います。

【Extraへ続く】

 

参考サイト

コメントを残す