Grasshopper :: Symbolコンポーネント

ついにRhino6が出ましたね!

今回は、Rhino6で追加されたGrasshopperの新コンポーネント、「Symbol」について触れたいと思います。

 

使い方

Symbolは、RhinoのViewportに特定のマークを表示させるコンポーネントで、GrasshopperでPointを定義した際にRhino側で表示される赤い[×]に似ています。

 

このSymbol関連のコンポーネントは3つあり、[Symbol (Advanced)][Symbol (Simple)]コンポーネントでSymbolの形や色などの設定を定義し、[Display Symbol]コンポーネントで表示させるものになります。

AdvancedとSimpleの違いは、Advancedの方がより細かくSymbolの設定ができるようになっています。

 

実際に繋いでみた例は以下の通りです。

Symbol(Simple)

変えられるのは、[Style,Size,Rotation,Color]の4項目です。

 

Symbol(Advanced)

変えられるのは、[Style, Size Primary, Size Secondary, Rotation, Fill Color, Edge Color, Width, Adjust]の8項目です。

ちなみにAdjustは、RhinoのViewport上でズームした際に、Symbolのサイズが変わるかどうかのオンオフになります。

 

全部のSymbolのStyleは全部で16種類あり、全部をアルファベット順に並べるとこんな感じです。

 

注意点

Symbolを利用する上でちょっとした注意点があります。

このSymbolを表示させたくない場合に[Preview Off]で非表示にできますが、[Disenable]の場合、表示が消えませんでした。

表示をオフにする場合は[Preview Off]をお勧めします。

 

終わりに

新しく追加されたSymbolについて紹介しました。

気になる箇所にマークアップしたり、GoogleMapのようにPinをプロットしたり、様々な使い方ができそうですね。

ぜひ使ってみてください。

 

使用した主なコンポーネント
  • [Symbol (Advanced)] (Display > Preview > Symbol (Advanced))
  • [Symbol (Simple)] (Display > Preview > Symbol (Simple))
  • [Display Symbol] (Display > Preview > Display Symbol)

コメントを残す