Grasshopper :: Rhinoからの参照Geometryを非表示にする

 

RhinoのGeometryをGrasshopperに取り込んで何かしらの処理をするとき、元のGeometryとプレビューが重なってチラついて見づらいことがあります。

 

また、Geometryの内側で何か処理した際、プレビューで確認するには元のGeometryを非表示にしないと見ることができません。

そんな不便さを解消するアドオンが最近リリースされたので、さっそく使ってみました。

(弊ブログにメッセージを下さった方から情報提供していただきました。ありがとうございます。)

 

 

レシピ

レシピは以上の通りです。

立方体と、球、円柱、円錐、トーラスを作成し、その立方体とその他のGeometryとの交差部分を作成して、ボロノイ分割させています。

この時、RhinoでGeometryが表示されたままなため、ボロノイ分割部分が見えない状況になっています。

それでは、アドオンを使ってGeometryを簡単に非表示にさせてみましょう。

 

使い方

まずは、アドオンをGrasshopperへ取り込みます。

 

アドオンのダウンロード

Food4RhinoからBlindfoldをダウンロードし、Grasshopperのアドオンのフォルダへ格納します。

【ダウンロード】

(ZIPファイルなので、ブロック解除を忘れずに。)

 

 

Referenced Geometryを非表示

さっそく使ってみましょう。予めボロノイ分割部分はレシピのように組んでおき、[Blindfold]コンポーネントを配置します。(格納場所は、[Display > Preview > Blindfold])

[Refresh]に[Button]、[Visiblity]に[Boolean]コンポーネントを繋ぎます。

ここで[Boolean]を[True]にすると、Canvas上の[Referenced 〇〇]として読み込まれたRhinoの元のGeometryが全て非表示になります。

これで交差部分のボロノイ分割が見えるようになりました。

ちなみに、[Blindfold]コンポーネントのアイコンも表示状態に合わせて切り変わるので、わかりやすいですね。

 

 

非表示Geometryを更新

続いて、非表示にするRhinoのGeometryを追加してみましょう。

最初、円錐はGrasshopper内に取り込まれていなかったため、Blindfoldの[Visiblity]を[True]にしても表示されたままでした。

ここで、[Visiblity]が[True]のまま円錐をGrasshopperに取り込んでも、非表示になりません。

その場合は、Blindfoldの[Refresh]の[Button]を一度クリックすると、内容が更新されて非表示にすることができます。

 

 

特定のReferenced Geometryを非表示

今度は、特定のRhinoのGeometryを非表示にしましょう。

非表示にしたい[Referenced 〇〇]を[Merge]コンポーネントで一つのリストにまとめ、[Blindfold]コンポーネントの[Limited]に繋ぎます。

すると、選んだRhinoのGeometryのみを非表示にすることができます。

ここでは、交差に関わる2つのGeometryのみを非表示にしました。

 

立方体に交差させるGeometryを繋ぎかえると、上図のようになります。

 

Pythonで非表示

特定のGeometryを非表示にするなら、Pythonでもできそうと思い、簡易的な内容で書いてみました。

 

コードは以下の通りです。

ちなみに、[Type hint]は[Guid]で、[List Access]に設定してあります。

もし、アドオンを入れられない環境の場合等に活用できそうですね。

 

おわりに

いかがでしたか。Blindfoldは、Rhinoから読み込んだReferenced 〇〇のみを非表示にできるので、Rhino側で選択して非表示にしたり、レイヤを変えたりといった手間がかかりません。

痒いところに手が届く系の便利なアドオンなので、ぜひご活用ください。

 

 

使用した主なコンポーネント
  • [Blindfold] (Display > Preview > Blindfold)
  • [Python Script] (Maths > Script > Python Script)
  • [Solid Intersection] (Intersect > Shape > Solid Intersection)

 

コメントを残す