Grasshopper :: ComponentをCreate (Part1)

以前からやってみたかったコンポーネントの自作をしました。

作ったのは、前回紹介したX以外の方向でも点をソートできるコンポーネントです。

【参考:任意のCoordinateでSort Points】

全3回に分けて、コンポーネント作成において最低限必要の手順を紹介したいと思います。

Part1:事前準備

今回は、コンポーネントを作る上で必要な環境と、

実際にコーディングする手前までの手順を紹介したいと思います。

 

必要な環境

コンポーネントを作る上で必要なのは、

 

になります。

OSはWindows10、Visual Studioのバージョンは今回2015で行いました。

ちなみに2017もちょっと前に出ましたが、テンプレートがサポートされているのはVisual Studio2015, 2013, 2010, 11のようです。

また、アイコンの作成にはPhotoshopを使いましたが、作れればなんのソフトでも良いと思います。

 

Visual Studio起動

作成環境が整ったら、まずVisual Studioを起動します。

 

Grasshopperのテンプレートを開く

Visual Studioが開いたら、メニューバーの[ファイル>新規作成>プロジェクト]を選択します。

 

テンプレートは、左側の[テンプレート>Visual C#>Rhinoceros]を選択し、[Grasshopper Add-On]を選んで名前をつけたら[OK]

 

すると下図のように設定画面が出てくるので、枠で囲まれた部分を設定します。(後で変更可能です。)

  • Name:コンポーネントの名前
  • Nickname:Canvas上で表示されるコンポーネント名
  • Category:コンポーネントのカテゴリ(Grasshopper画面上部タブの部分)
  • Subcategory:コンポーネントのサブカテゴリ(タブ内のカテゴリ)
  • Description:コンポーネントの説明(コンポーネントにカーソルを当てると表示されるやつ)

 

 

[Finish]を選択すると、Visual Studioでの初期設定完了しました!

今回はここまでになります。

次はいよいよC#のコーディングを行ない、コンポーネントの機能を実装していきます。

【Part2へ続く】

 

参考サイト

コメントを残す