Dynamo :: while文を使う方法

前回はfor文を使う方法を紹介しましたが、

今回はwhile文を使ってループさせてみたいと思います。

【参考:for文を使う方法】

 

レシピ

While文を使うには、[LoopWhile]ノード、Code BlockPythonの3つ主な方法があります。

それぞれみてみましょう。

 

LoopWhile

まずは[LoopWhile]ノードを使った方法です。

入力側のポートは[init],[continueWhile],[loopBody]の3つあり、

[init]は初期値、[continueWhile]は継続条件、[loopBody]は繰り返し実行する内容となります。

したがって上図では、初期値"11"で、continueWhileが"100"を超えるまで"14"を足す動作を繰り返すということになります。

 

Code Blockの場合

次にCode Blockの場合をみていきましょう。

ここでは[LoopWhile]ノードと同じ内容を再現しています。

内容は、前回のfor文とあまり変わらないかと思います。

 

Pythonの場合

Pythonでも同じ内容で作成しました。

コードは以下の通りです。

いたってシンプルな内容ですね。

 

終わりに

各ノードごとループのさせ方が異なります。

より自由度が高いのはやはりCode BlockとPythonでしょう。

ループ処理が役立つシチュエーションはたくさんあるかと思うので、

ぜひ参考にしてみてください。

 

使用した主なノード

コメントを残す