Dynamo :: for文を使う方法

Dynamoでループ処理をしたい時があるかと思います。

いくつか方法があるかと思いますが、今回はfor文を使う方法をまとめました。

 

レシピ

ここではCode BlockとPythonの2つの方法を紹介したいと思います。

どちらも、0からNまでの整数の和を計算したものを例に作成しました。

 

Code Blockの場合

コードは以下の通りです。

まずfor文を書く前に、変数を定義します。

for の後の()内で範囲を指定し、{}内でループする式を書きます。

“b”の後に“[i]”をつけないと、N回目の値しか返されないのでご注意を。

ここでは範囲を”0..N”としているので、繰り返しの回数はN+1回になります。

 

Pythonの場合

 

コードは以下の通りです。

Code Blockの場合と異なる部分としては、for rangeを使用したため繰り返しの回数はN回になります。

 

終わりに

以上、2通りの方法を紹介しました。

for文は使う頻度も多いかと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

 

使用した主なノード
  • [Code Block] (Core > Input  > Code Block)
  • [Python Script] (Core > Scripting > Python Script)

コメントを残す