Grasshopper :: 文字列を分割

さて、分解結合と紹介してきましたが、今回は、「分割」の方法についてです。

レシピ

文字列の分割に使用するのは、[Text Split]コンポーネントです。

入力側の[Text]に分割したいテキストを繋ぎ、[Separators]に分割するための区切り文字を繋ぐと、出力側の[Result]から区切り文字で分割されたリストが返されます。

区切り文字は複数設定しても大丈夫です。

 

Pythonの場合

Pythonでは、もっと色々な分割方法があります。

コードは以下の通りです。

分割する際に使用するsplit()関数は、基本、"文字列".split("区切り文字")となります。

したがって、"結合文字"join("文字列")join()関数とは引数の位置が逆になります。

文字列同士の間にスペース、タブ、改行がある場合は、"文  字  列".split()で分割でき、

split("区切り文字", 数字a)で、a番目まで分割と分割数を指定できます。

この場合、左から何番目ですが、右から何番目としたい場合は、

rsplit()関数を使います。引数は、split()関数と同様です。

 

Accessタイプは、[Item Access]に設定しないと、エラーになってしまうので、ご注意を。

 

使用した主なコンポーネント
  • [Text Split] (Sets > Text > Text Split)
  • [Python Script] (Maths > Script > Python Script)

Grasshopper :: 文字列を分割” に対して1件のコメントがあります。

  1. Bablofil より:

    Thanks, great article.

    1. Ryota より:

      Thanks for your comment!!

コメントを残す