Dynamo :: Randomな数値を生成

今回は、ランダムな数値を生成する方法についてです。

 

レシピ

使用したノードは、[Math.Random][Math.Rand]です。

[Math.Random]ノードは2種類あります。

入力側のポートが[seed]の方は、seed値を入力すると0~1の間でランダムな浮動小数点数が返されます。

入力側のポートが[value1,2]の方は、入力された値の間でランダムな浮動小数点数が返されます。

[Math.Rand]は出力側のポートのみで、0~1の間でランダムな浮動小数点数が返されます。

 

Code Blockの場合

Code Blockだとこんな感じですね。

先ほどのノードをCode Blockで呼び出しているだけです。

 

Pythonの場合

コードは以下の通りです。

Pythonのメリットとしては、ランダムな値を切り替えやすい点でしょうか。

[Boolean]ノードを繋いで”True”と”False”を切り替えるとその度に数値が変わるので、完全にランダムにしたいときは有効かと思います。

また整数値が欲しい時に、random.randrange(end)random.randint(a,b)も使えそうですね。

 

 

ランダムな数値が必要な場合はぜひ使ってみてください。

 

使用した主なノード
  • [Rand] (Core > Math > Rand)
  • [Random(seed)] (Core > Math > Random(seed))
  • [Random(value1,value2)] (Core > Math > Random(value1,value2))
  • [Code Block] (Core > Input  > Code Block)
  • [Python Script] (Core > Scripting > Python Script)

コメントを残す