Grasshopper :: Wireの整理

コンポーネントをどんどん追加していくと、気づいたらWireがごちゃごちゃで大変なことになっていることがありせんか?

対策としては、Paramsタブの中にある、GeometryやPrimitive系のコンポーネントでまとめたりしますが、型ごとに使い分けなければいけないので、ちょっと面倒です。

 

しかし、これを解消するコンポーネントが、Rhino6のWIP版のGrasshopperに搭載されていました。

今回はその新コンポーネントについて紹介したいと思います。

 

Relayコンポーネント

WIP版ではいくつか新コンポーネントが追加されていますが、今回紹介するのは、[Relay]コンポーネントです。

一見何に使うかわからないですが、Wireの整理に使えるとても便利なコンポーネントでした。

では使い方を見ていきましょう。

 

使い方

使い方は、とても簡単です。

Wireをダブルクリックすると繋いでいるWireに[Relay]コンポーネントが現れます。

逆に外したい場合は、再度ダブルクリックするだけ。しかも接続状態は保たれます。(Deleteで消してしまうと、接続は切れてしまいます。)

 

 

他にも、[Relay]コンポーネントを右クリックすれば、名前の入力、Enable/Disableの切り替えもできます。

 

[Relay]コンポーネント適用

実際にWireでごちゃごちゃのファイルを[Relay]コンポーネントでまとめると、

こんなにスッキリしました!

また、Enable/Disableの切り替えを行いたい場合も[Relay]コンポーネントで管理するのもありかもしれませんね!

 

終わりに

いかがでしたか?

まだWIP版なので、今後仕様が変わる可能性もありますが、

WIP版が使える方はぜひお試しください。

 

使用した主なコンポーネント
  • [Relay] (Params > Util > Relay)

Grasshopper :: Wireの整理” に対して1件のコメントがあります。

  1. quax23 より:

    ご存じでしたらすみません。
    WIP版を使う前からtelepathyを使っています。
    relay機能にはないスニペット機能があるので便利です。
    http://www.food4rhino.com/app/telepathy

    ps:
    最近更新がなかったようですが、お忙しかったのだと存じます。
    応援しています。頑張ってください!

    1. Ryota より:

      quax23さん
      コメントありがとうございます!励みになります!

      telepathy知りませんでした。これは便利ですね!
      今度ブログで紹介させていただきますね!

コメントを残す