Dynamo :: Levelを自動生成する

Revitのレベルを作る際、階数が少なければすぐに終わりますが、高層の場合は数が多くて結構面倒です。

そこで今回は、だいぶ地味な内容ですがDynamoとExcelでレベルを自動生成してみました。

 

 

レシピ

レシピは以上の通りです。

それでは、中身を具体的にみていきましょう。

 

Excel読込み

ここでは、予めFL名と階高を入力したExcelファイルを作成しておき、[ImportExcel]ノードで読込みます。

 

 

リストを分ける

次に、[First/LastItem]ノードで、FLとFL名のリストを分けます。

 

 

FLを計算

階高を足して、FLを計算します。

パッケージのLunchboxでも[Mass Addition]ノードがありますが、ここではPythonで行いました。

 

 

最下部の FLと最上部のFL名を追加

それぞれのリストに、最下部のフロアレベルの値と、最上部のレベル名を追加します。

 

 

Revitにレベルを作成

[ByElevationAndName]ノードの[elevation]にFLを計算したリスト、[name]にFL名のリストを入力して実行すると、

 

このようにレベルが自動で作成できました。

 

 

終わりに

いかがでしたか。Excelに入力する内容によって多少リストの操作は変わると思いますが、だいたいこんな感じではないでしょうか。

プロジェクトの最初にしか使う機会はありませんが、ちょっとでも省力化できると入力が楽になりますね。

 

 

使用した主なノード
  • [ImportExcel] (InportExport > Data > ImportExcel)
  • [ByElevationAndName] (Revit > Elements > Level > ByElevationAndName)
  • [Python Script] (Script > Editor > Python Script)

コメントを残す